[PR] インテリア 専門学校 今日もねこびより 〜mieux-mieux's cafe〜
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ベイビー♪
ミュウに赤ちゃんがうまれました♪



こんなにちっちゃい♪

・・・ってエイプリルフールですけど拍手
だれも信じませんが・・
(いつも翌日にこの日を気づくので)

写真は2000/5/18にうちのこになった時のもの。
ちっちゃかったねぇ・・祝
もうおばは・・・(違

なんでも「ネコナデ」という連続TVで小さいころのミュウそっくりさんが
でていたとか。
余談:結構おもしろかったらしい。後日録画してもらったDVDでみる予定グッド

ずっとかわらずすごしてね♪



| ミュウ | comments(6) | trackbacks(0)
少し早めに京都へ
大阪での所用をすませて、ふらっと京都へ。

まだ桜の花もほとんどつぼみ。
まだ少な目の観光客に混じって、散歩。

少し咲いている高台寺境内の桜。
ライトアップが楽しみ。

080315_1355~0001.jpg

しばらく精神的にも肉体的にも過ごしにくい(花粉症)日々でしたが、
大きな壁にぶち当たり、おそらくずっと越えられずに苦しむかなと思っていたものを
壁は越えずとも迂回することで大丈夫だと悟りました。

向こうに見えるものは強くてはかなくて尊いもので、
大事にしながら笑顔でやさしく強く毎日を過ごしていきたいと思います。
| 日記・コラム・つぶやき | comments(4) | trackbacks(0)
おにゅうのキャットタワー
いいのが見つかってよかったね♪

photo.jpg
| ねこぐっず | comments(6) | trackbacks(0)
葉月のエクササイズ
超天然系の動く葉月たんです。

再生後、目がイッている葉月たんにびっくり
その後は、私の号令とともにエクササイズに励みます。
周囲の雑音と、私のひどい声がでますので音量注意ですピピピ

| 葉月 | comments(8) | trackbacks(0)
葉月のおてて
お正月にひさしぶりに堪能させていただいた、葉月たんですが(笑
そのおてての大きさにはびっくりさせられます。
ま、そーいう猫種だからあたりまえなんですけどね・・



でもやんちゃな毎日を送ってるのに「にくきう」はきれいなピンクだったりする・・・
不思議〜。


このおててで、重いふすまも開けることができるらしい・・びっくり
| 葉月 | comments(4) | trackbacks(0)
はっぴーにゅーいやー2008
あけましておめでとうございます。
はっぴぃにゅぅいやぁんばかぁんー(コレガヤリタカッタラシイ

今年もぼちぼちと(オイ
もうすっかり忘れられているブログですが、
書きたいときに更新してまいります。末永くあたたかく見守ってやってくださいねかたつむり

さて、私事ながら昨年末にミュウとふたりで新しい生活をはじめました。
新しい部屋に引っ越した当初は、ミュウの戸惑いも大きくみていてつらかったのですが、
今は元気にやっています。

慣れたと思ったら、大晦日から実家ですよ・・ミュウにゃん・・・。




地球の果てまで散歩するつもりなのか、延々と散歩させるミュウにゃん。



とのびのびと過ごしていただきたかったのですが・・
超美男子系男子 葉月がいたので・・



笑いも持っていかれて、ちょいとおとなしめのお正月でしたとさ・・。
しかし、これが日常とは・・・→爆睡ちう



本年もどうぞよろしくおねがいいたします♪
| 日々のこと | comments(18) | trackbacks(0)
テッポウダマとキモチ
「テッポウダマ」と言われることがあるくらい、
直感的に行動する自分が、この世に生きて存在していると実感する時だ。

たまには、そのキモチがコブシを振り上げても空に彷徨い、
自分のバランスは空中分解。

まだまだコドモだ。
わかっちゃいるけど。
キモチに嘘はつけず、空に空中分解。

大切な人とも会話しないとわからないことはいっぱいある。
息を潜めていては自分にまっすぐ向き合えない。

自分にとって大事なものを見失うな。
テッポウダマ。





| 日記・コラム・つぶやき | comments(2) | trackbacks(0)
憂いの空
ずっとブログでまるで自分のそばにいるみたいに、よく知っている猫さんたちが
お空に上っていったと聞いた。
涙が自然とぽろぽろと落ちる。
愛しいものとの別れ。その悲しみをほんのちょっとだけだろうけど
自分の心でかみしめる。

ほんの少し、私は彼女・彼の生活を垣間見ただけなのに、
その生命の鼓動を自分の心のどこかで感じていたようだ。

朝の散歩中にも、ぽろぽろと涙が止まらなくなる。
でもさ、彼女・彼はとても幸せだったんだ。とても愛されていたんだ。
だから、寂しい涙ではなくて、その幸せや愛を誇り高く感じる涙でありたい。



いつもの明るくて澄んだ空に憂いを。
憂いがあるからこそ、空はまた輝く。
| 日記・コラム・つぶやき | comments(4) | trackbacks(0)
寝顔
070813_112038.jpg

なにを夢みてるかな。

ちょっとだけでいいからさ、

わたしのことも登場させてよ。

そして、あとで

「夢でも出てきていっしょに幸せな時間を過ごしてたよ。」

といってくれないかな。

そんなことを考えて、君の寝顔をみて

いつものように微笑んでしまうよ。


| 日記・コラム・つぶやき | comments(0) | trackbacks(0)
夢と空

夏がはじまった。

そしてこの日を迎えた。

心に余裕がなくて、知らないうちに壊れていった自分。

夏を迎えてようやく昔の自分を取り戻すことができた気がする。

カメラを手に持ち、音楽が聴けるようになった。

太陽のもとで、顔を上げて雲を見上げたのいつ以来だろう。

夢なんてなかった。夢を生み出すことさえ忘れていた。

偶然と必然。

出会った大切なものを大事に愛しみながら、

ともに新しくて大きな夢に向かっていきたい。

今日という日に感謝。

明るい日差しの東とへ伸びる青空と雲。

どうか想いと願いが届きますように。






| 日記・コラム・つぶやき | - | -
<< | 2/55PAGES | >>